住まいの知識として、二重窓・サッシの有効性について解説いたします。

住まいの知識:二重窓の有効性について

住まいの知識:二重窓の有効性について

住まいの知識:二重窓の有効性について 住まいの知識として、二重窓・サッシの有効性について解説いたします。築年数が古い物件の窓・サッシは通常1枚で、ガラスもシングルガラスと言って1枚のタイプがほとんどです。昔の住宅は断熱性において優れたものではなく、供給量を多くすることに注力されていたため、性能に関しては二の次でした。昨今の住宅に関わる建材、設備は高性能なものも多く、新築時にはそのような高性能な設備、建材が採用されています。

しかし中古物件の断熱性のない窓やサッシを高性能なものに取り換えるには、枠ごと取り換える大掛かりな工事になってしまうため、今ある窓・サッシの上に新たな窓を二重で取り付けるというタイプのリフォーム工事が主流となっています。マンションにおいては窓・サッシは共有部分にもなるため取替えが出来ない仕組みになっているのもこういった二重窓が普及する要因にもなっています。

さて、この二重窓の有効性に関して説明いたします。窓が二重になることによって、既存窓と新設窓の間に空気層ができ、この空気層が断熱の役割を持つことになりますので、外からの熱の変化によって部屋の温度が変化しにくくなる効果が出てきます。これはちょうど魔法瓶のようなイメージを持っていただくとわかりやすいです。また、遮音性能の上昇や結露防止という効果も期待できるため、今住んでいる住宅の冷暖房が効きにくい、結露に困っているという方はこの二重窓のリフォームを検討してみてはいかかでしょうか。

お役立ち情報