住まいに関しては最近では、インターネットなどのハイテク設備のことを考えないと、住・・・

住まいの知識:二重窓の有効性について

住まいのインターネット化の波

住まいの知識:二重窓の有効性について 住まいに関しては最近では、インターネットなどのハイテク設備のことを考えないと、住まいということでは時代に遅れてしまうのではないかと思ってしまいます。インターネットでも特に最近の技術の進歩の速さは、それらの関係の情報を知れば知るほど、日常生活に深い関わりを持ってきているのではないかと思われます。以前は住まいは、人が住む大きな箱のようなイメージだったのではないかと思いますが、最近ではインターネットを始めとした日常生活に便利なシステムや機器の管理場所というような感じもします。その端緒はインターネットの普及ですが、それを加速させたのがスマホの普及でしょう。それはスマホがそれらのサービスなどの中継基地の役割をしているからだと思います。

そこから最近では、スマホから離れて、それぞれの設備の独特なシステムも住まいに導入されています。そのことも住まいの進化を加速させているように思えます。一番驚いたのは、公共エネルギーなどの管理の一元化と可視化ということで、特に新築分譲マンションや一戸建てでは、当たり前のように備えれるようになってきています。数年前までは考えられないようなシステムが、今では実現可能なのが今の住まいです。これからは増々その姿も変わってくのではないかと思いますし、予想もできます。