住まいに関する知識として、住宅に使用する木材の中で腐ったり、虫食いに強い木につい・・・

住まいの知識:二重窓の有効性について

住まいに関する知識:腐朽や虫食いに強い木について

住まいの知識:二重窓の有効性について 住まいに関する知識として、住宅に使用する木材の中で腐ったり、虫食いに強い木について解説いたします。木材の腐朽は温度と湿度に左右されるので、乾燥した木材は腐りにくくなります。湿気のたまりやすい場所には特にこの腐朽に対して強い気を選定する必要があります。日本では古くから適材適所の考えがあり、土台などの湿気が多い箇所には腐りにくい栗や檜、ヒバなどを使用してきました。なかでもヒバはシロアリなどの虫害に強く優れた樹種です。

外国の木材にも触れますと、米ヒバやオーストラリア檜、米杉なども腐りにくい性質を持っています。このように腐りにくい樹種はあるのですがどうしても価格が高いため、安価な木に対して防腐処理をして、やり過ごす考えが日本の住宅産業に効率という正義の元根付いてしまっています。例としては比較的腐りやすい米栂(べいつが)という木材に防腐剤を注入したものが土台によく使われており、昔はこの防腐剤に危険な薬剤を使用していたケースもありました。最近は毒性の低い防腐材を使用しているため、室内環境においては心配はないでしょう。

建材の中でもツーバイフォー住宅に使用されるSPF(スプルース・パイン・ファーの三種類が混ざった木材)は腐朽に強くはなく、これらが腐ると強度的にも悪影響がありますので注意が必要です。このように、工事会社に木材の選定を任せると自然にコストが安い木材を選択しますので、腐りにくい木材に仕様を変更してもらうなどの交渉が重要となってきます。