人はなぜ住まいを購入したがるのでしょうか。

住まいの知識:二重窓の有効性について

人はなぜ住まいを購入したがるのでしょうか

住まいの知識:二重窓の有効性について 人はなぜ住まいを購入したがるのでしょうか。世の中には、住まいは賃貸派という人も多数いますが、購入にこだわる人もそれと同様に多数います。住まいを購入するメリットとしては、まず不動産という財産ができることがあげられます。貯金等のお金として財産を増やしていくという考え方もありますが、不動産という形にして財産を残すことで、財産としての価値が高まることもあれば、減ることもあります。景気の問題で土地が高騰したり、その場所の人気が高まれば、所有している不動産の価値があがることもあります。また、住まいを購入したということで、社会的立場や地位のアピールになるということも一理あるでしょう。一定の立場や収入、貯蓄等があるからこそ、住まいを購入するための審査を通り、購入できたということも証明できるのです。

住まいを購入することで、住む場所がなくなるという心配や、家賃や賃貸更新料といったお金を払わなくて良くなるというメリットもあります。しかし、住まいを購入しても固定資産税は納めなくてはならないという点や、住まいの今後の維持費のために、マンションなら修繕積立金や管理費が必要ですし、戸建の場合は、修繕費を貯めておくことが求められるので、住まいに関する一定の費用はかかってきます。また、住宅ローンを組んでいる人は、それにプラスして住宅ローンの分割費用がかかってくるでしょう。それでも、住まいを購入する人が多数いるということは、自分の城を持つという満足感や、不動産購入という経験が、人々にとって何ものにもかえがたい価値があるものだからなのかもしれません。